生活・節約

自動車見積もりをしてみたら年間6万円も安くなった方法!節約になる!

自動車保険
女性
女性
自動車保険なんだか高い気がする…
男性
男性
保険に入っていても等級を気にして利用しないなぁ

なんてことありませんか?

私も昔はとても高い自動車保険に入っていました。

車両保険をなし・インターネット割引を利用して年間6万円お得になりました。

参考にして頂けると幸いです。

自動車保険を年間6万円減らしたした方法

 

結論

車両保険には入らない!

インターネット割引を利用する!

以上です!

ちなみに、

以前の契約条件 年間 85,5560円

契約条件

  • 対人・対物賠償 無制限
  • 車両保険
  • 人身傷害 3000万
  • 障害一時費用保険金
  • 年齢制限 26歳以上
  • 運転者本人と配偶者限定
  • ロードサービス
  • 弁護士特約
  • 20等級
  • 運転免許証 ブルー

現在の契約条件 年間 24130円

契約条件

  • 対人・対物賠償 無制限
  • 人身傷害 3000万
  • 対物超過修理費用の補償
  • 年齢制限 26歳以上
  • 運転者本人と配偶者限定
  • ロードサービス
  • 弁護士特約
  • 個人賠償責任保障特約
  • 20等級
  • 運転免許証 ブルー

になります。

特約についても説明していきます。

自動車保険の費用を減らすには?

①車両保険には入らない!

車がへこんでしまった時、保険を使って修理をすると保険代が高くなる!

そう考えて結局自費で修理しました。

車両保険に入っていても意味がないかな?と感じ入らない事に決めました。

②余計な特約に入らない!

障害一時費用保険金という余計な特約をやめました。

その代わり入った方が良いと感じた特約はこちら↓

付けておいた方がいい特約3つ

  • 弁護士特約
  • 対物超過修理費用の補償
  • (原付所有者の場合)ファミリーバイク特約

弁護士特約とは?

実質自己負担0円で弁護士に依頼ができる特約です。

停車している自分の自動車に衝突された場合、0対100で相手が悪い。

にも関わらず自分は保険が利用できないので自分自身でしなければならない。

そんな時に弁護士に依頼できる特約。

弁護士に依頼するには料金がかかるのである程度負担してくれるのは心強い特約です。

対物超過修理費用の補償とは?

クラシックカー(古くなると価値が上がる車)に対して事故を起こしてしまった場合に心強い保障。

時価額より高い修理費が出た場合に保証してくれます。

(原付所有者の場合)ファミリーバイク特約とは?

事故を起こした場合に他人に対して保険金が支払われます。

任意のバイク保険と比較するとファミリーバイク特約は保険料が安い傾向にあるのでおすすめ。

(筆者の家族に原付を運転する者はいないので付けていません。)

③一括請求してインターネット割引を受ける

一括請求をしてインターネット割引を受けるのがおすすめです。

何故かというと、条件によって保障の手厚さや価格が変わってくるからです。

筆者の見積条件はこちら↓

見積もり条件

  • 対人・対物賠償 無制限
  • 人身傷害 3000万
  • 年齢制限 26歳以上
  • 運転者本人と配偶者限定
  • 20等級
  • 運転免許証 ブルー

一括請求の結果↓

年間の保険料

  • SBI損保 27820円
  • チューリッヒ保険 24680円
  • アクサダイレクト 23010円
  • おとなの自動車保険 34550円
  • 三井ダイレクト損保 31200円
  • イーデザイン損保 27960円

になりました。

今までの保険の半額以下です。

自動車保険会社 詳しく比較すると…

この中から安い保険会社の内容を比較してみた。

SBI損保 チューリッヒ保険 アクサダイレクト イーデザイン損保
保険料(年間) 27820円 24680円 23010円 27960円
対人・対物 無制限 無制限 無制限 無制限
人身傷害 3000万 3000万 3000万 3000万
弁護士
無保険車障害危険保障 × ×
他の自動車運転危険保障 × ×
インターネット割引 ×
夫婦限定特約
エコカー割引 × × ×
クレジットカード払い割引 × × ×
自動継続割引 × × ×

 

一括見積をした際の内容はこちらでしたが、年齢などにより保険料は変化します。

1年契約でしたらインターネットから契約を変更できます。

割引額は1万円~2万円ほど。

自動車保険会社によって変わります。

自動車保険3年契約だった場合は?

現在3年契約の場合は契約できる保険会社が限定されます。

現在3年契約でも解約・変更できる保険会社

  • ソニー損保
  • セゾン自動車火災保険
  • SBI損保
  • チューリッヒ保険会社
  • アクサダイレクト
  • 三井ダイレクト損保
  • 楽天損害保険
  • イーデザイン損保

上記の会社は2年契約以上の契約でも変更が出来ます。

インターネット割引は出来ないかもしれませんが、その代わり電話で対応してもらえます。

結局、自動車保険会社 どこにした?

結果的に3年契約だったので3社に電話をして対応の良かった「ソニー損保」にしました。

保険料(年間) 24130円
対物対人 無制限
車両保険 ×
人身傷害保険 3000万
対物超過修理費用の補償
ロードサービス
弁護士特約
個人賠償責任保障特約

 

しかもインターネット割引が「ソニー損保」はありました。

他の2社はないようでして…。

オペレーターさんの質の問題かもしれませんが。

そして、

電話対応で見積もりを出してもらい、結果を郵送して頂けました。

そこからネットへアクセスして契約するとインターネット割引が適応して24130円になります。

【まとめ】自動車保険一括請求をしてみて

自動車保険高いですよね。

そう思われている方は一度見直しされてみると良いかと思います。

とりあえず、一括請求をしてみて自分に合った自動車保険会社を何社か見つけてみることをおすすめします!

そして、実際電話で質問するのはおすすめです。

何かあった時に冷たい対応をされると不安なので。

補償内容も以前と変わっいる場合もあります。

無料一括請求出来て、電話での勧誘もなかったのでおすすめです。

 

読んで頂きありがとうございました。