学び

【メンタリストDaiGo×ヨコミネ式】子供を勉強をさせる方法!?

子供を勉強させる方法
今回は子供が意欲的に勉強をするようになるにはどうしたらいいの??というお話になります。

教育系ユーチューバーから学ぶ!子供を勉強させる方法!

 

この記事の内容

育児方法、教育方法に悩めるママの一人である私が教育系ユーチューバー様の動画を道しるべとして自分なりに考えをまとめる記事になります。

今回は

「メンタリストDaiGo」の動画内容 × 私が読んだ本

とのかけ合わせ記事になります。

ゆるりとお付き合いください。

DaiGoさん『「アンダーマイング効果」を使うと勉強効率激減するよ!』

私
アンダーマイング効果って何?

 

『内発的だったのに外発の賞罰で意欲が下がる事』

例:

子供の為にクレヨンとノートを準備しておく。→ 楽しそうに自由に描く。(内発的)

上手に絵を描くことが出来たらご褒美をあげると伝える。→ご褒美の為に絵を描く。

結果、ご褒美がなければ絵を描かない!

ご褒美がこの例の賞罰になります。

ご褒美ではなくても、罰でもそれは同じ効果になります。

例えば、

上手に絵を描くことが出来なければ食事なしと伝える。→(元々は絵を描くことが好きだったけど)食事の為に頑張る。→食事をもらえるなら絵をかかない。

アンダーマイング効果は本来好きだったことが賞罰によって好きでなくなってしまうという悲しい効果になります。

 

 

詳しくはメンタリストDaiGoさんの動画を見てみてください。

7分から「アンダーマイング効果」について詳しく解説してくださっています。(7分から開始します。)

他にも、

  • 内発的に勉強をした子供は課題をこなすことに喜びを感じる。
  • その為勉強や仕事の成果がでる。

と話されていました。

子供にどうやって興味を持たせることが親の教育になりそうですね。

なかなか難しい!

そんな時思い出したのがヨコミネ式の教育。

ヨコミネ式って?

10年くらい前に流行った教育方法。

最近ではフィギュアスケートの「紀平梨花」選手もヨコミネ式の教育方法を行っている園の卒園者だったそうです。

教育って宗教みたいなものに感じるのですが10年経ってヨコミネ式の結果が出ているということですね。

本の内容を読むとと子供は子供がしていることをしたがるという性質で興味を引き出す。

子供は負けず嫌いだから競争させる。

負けてしまう子にはハンデをつけて勝利の経験をさせる。

そして、勉強も子供達が自主的に「読み・書き・計算」を行っています。

当時テレビで見たのですが衝撃的な光景でした。

 

参考にした本は「「ヨコミネ式」天才づくりの教科書」

評価が割と良かったので気になる方は見てみてください。

「読み・書き・計算」のドリルも本の中に記載されています。

「ヨコミネ式」天才づくりの教科書 いますぐ家庭で使える「読み・書き・計算」の教材 [ 横峯 吉文 ]

価格:1,320円
(2019/11/7 14:41時点)
感想(123件)


楽天もありました。Amazonの方が安いですね。

【まとめ】子供を勉強させる方法!

教育系の本って沢山あるので実際何が良いのかわかりません。

上記でお勧めした「ヨコミネ式」の本の内容でも全てが共感できるものでもありません。

それでも、参考になる部分はとても多いです。

周りが自分の教育方法を非難してきても「脳科学的に~」や「ヨコミネ式的に~」などと言って都合よく周りの攻撃を防御することが出来ると思っています。

知識は武器になるので参考にして頂けると幸いです。

読んでいただきありがとうございました。